バストアップ コラーゲン

コラーゲンについて

 

コラーゲンはたんぱく質の一種で、皮膚に40%、骨や軟骨に20%、その他血管や内臓などに幅広く含有されています。また細胞同士を繋ぎ、皮膚・骨・内臓を作り、細胞の働きを活性化させます。
コラーゲンが減少すると肌の水分が減ってハリがなくなり、バストのハリもなくなってたるんでしまい、小さく見えてしまうということが起こってくるのです。20代中盤からコラーゲンは徐々に減少していくので、積極的に摂取するとバストアップ効果が望めます。
サプリメントや粉末タイプのものがありますが、最近では飲むコラーゲンが人気を集めています。あらかじめ加工されており、発売されている商品のほとんどが約8000のコラーゲンが配合されていて、液体なので食物で摂るよりも吸収率が少し早くなります。速筋という筋肉を鍛え、バストを支えている大胸筋が丈夫になります。おまけに脂肪細胞を燃焼させる働きをもつ成長ホルモンが分泌されるので痩せやすくなり、骨や肌の老化を防ぐ作用ももっているためアンチエイジング効果も期待できます。
この他に普段の食事でコラーゲンを意識して摂るのもお勧めです。コラーゲンを多く含む食品としては、ゼラチン、ゼリー、牛すじ、軟骨、鶏皮、魚皮、ふかひれ、えいひれ、穴子、鰻、鯖、さんま、ぶり、あわび、魚のアラ、なまこ、すっぽん、豚足、豚肉、マトンなど。もっと簡単にお手軽な食品としてはマシュマロ。
1日分のコラーゲンを食品から摂ろうとすると大変なので、サプリメントとの合わせ技で上手に摂取するのが良いでしょう。

 

コラーゲン関連ページ

プエラリア
ヒアルロン酸