バスト 大きい県

日本中どこでもバストサイズの平均って同じなの?という素朴な疑問が聞こえてきそうなので、調べてみました。
某ショップがアンケートをして、47都道府県別バストサイズの平均を出したものを発見。
それによると、一番バストサイズの平均が大きかったのが岐阜県と京都府のEカップ。一番小さかったのが埼玉県のAカップという結果に。
また47都道府県の内Bカップが18県、Cカップが17県で、両方合わせて75%弱を占めています。先に紹介した日本のバストサイズの平均が、B〜Cカップというのと合致するわけです。
実際下着売り場でもこのサイズの需要が一番高いそうです。この辺りのサイズが、大きい、小さいのボーダーラインになるようです。
また視点を変えて東日本対西日本はどうかというと、東日本は約半数がBカップなのに対して、西日本はCカップという結果に。これは、女性ホルモンの分泌を促すパパイヤやザクロが温かい地域で採れるので、他の地域よりも摂れるからではないかと言われています。
さらに詳しく見ていくと、中部・近畿地方ではバストサイズの平均がDカップで、40%以上の人がバストマッサージをしていると答えています。日々の努力が、バストアップに貢献しているようです。