バストアップ 豆乳

豆乳について

女性ホルモンの「エストロゲン」とよく似た働きをすることで、近年注目を浴びている豆乳。
大豆製品のひとつである豆乳は、大豆イソフラボンを多く含んでいます。この大豆イソフラボンは植物性エストロゲンで、バストアップ効果に期待がもてます。
他にも、たんぱく質や脂質、ビタミンB1などが含まれており、大豆を直接摂るよりも、豆乳で摂取する方が体内への吸収が良くなるという利点があります。
また、バストアップだけではなく、肌のハリやツヤ、骨粗鬆症、動脈硬化、便秘や冷え症の改善、コレステロールや血圧を下げたり、成人病や糖尿病の予防、脳の老化防止など様々な効果があります。
豆乳には大きく分けて、「無調整豆乳」「調整豆乳」「豆乳飲料」の3種類があります。
無調整豆乳は、原料の丸大豆と水のみを使って作ったもののことをいいます。
調整豆乳は、大豆のたんぱく質や粉末の加工大豆に、糖分や植物油を加えたもののことをいいます。
豆乳飲料は、豆乳または調整豆乳が50%以上含まれたもののことをいいます。コーヒーやバナナなど味の種類が豊富にあるので、飲みやすくなっています。
大豆イソフラボンの1日の摂取量の目安は30mgと言われているので、豆乳だと「グラス1杯」飲むだけで摂取することができます。
味が苦手な方はシチューに豆乳を加えてみたり、プリンに豆乳を入れてスイーツを作ってみたり、色々と試してみましょう。

 

豆乳関連ページ

キャベツ
たんぱく質