ブラの正しい着け方

ブラの正しい着け方

ブラを正しくつけると、それだけでバストアップすることができます。ここでは、ブラの正しいつけ方をみていきましょう。
最初に大切なのが、アンダーの位置。アンダーの位置が下過ぎる人が、実は結構多いのです。正しいアンダーの位置は、肩甲骨のすぐ下。これ以上下だと正しくありません。結果としてバストを下げることになってしまうので、注意しましょう。
次に正面から見たブラの正しい位置ですが、両乳首と鎖骨のくぼみを結んだ線が正三角形になる位置です。これはブラをしていてもしていなくても、美しいバストの「ゴールデントライアングル」と呼ばれている位置です。この位置でブラをすると、小顔に見えて、ウエストの位置が高く見えるので、脚長効果もあります。バストアップだけではなく、プロポーションも良く見える位置なのです。

 

それでは、バストアップに効果的なブラのつけ方をご紹介します。
@腕にブラの肩ひもを通して、90度にお辞儀します。
Aそのまま上半身90度の姿勢で、ブラのアンダーの部分、ワイヤー入りならワイヤーを胸の下にあて、指をアンダーに沿わせていきホックをとめます。
B右手は力を抜いて下ろし、ブラの中に左手を入れ、右の肩甲骨までもっていきます。脇や背中、アンダーラインのお肉までもってくるようにしながら右胸へ集めてきて、左手を抜きます。ブラの形にフィットさせるため、ブラの布地の端を左手で持ち、ゆらゆらと揺らして下さい。そして上半身を起こし、右手でバストの下またはワイヤーを軽く押さえます。左手を右のバストの内側に入れ、そのまま真上にもってきます。これで内側と右胸の下のお肉を集めることができました。今度は反対の胸で同じことを繰り返します。
Cブラの肩ひもの付け根を両手で持ってバストを引き上げて、背中のホックを肩甲骨の下まで下げて終了です。
最後に、バストのお肉が脇にはみ出していないか、手や上半身を動かしてフィットしているかどうかを確かめましょう。

 

ブラの正しい着け方関連ページ

ブラの正しい選び方
バストアップブラ