バストアップ 豊胸手術

バストアップ×豊胸手術

バストアップを真剣に望む方ならば、みな一度は豊胸手術を考えたことがあるのではないでしょうか。
やってみたいけれどメスを使った手術なんて不安、怖い、心配。それに一体いくらかかるのだろう、危険性は・・・など疑問がいっぱい。
女性の永遠の願いであるバストアップは、10代から60代以上の幅広い年齢層の方が望み、原則的には健康であれば年齢制限はありません。
そして、みなさんが一番不安に思うことが「痛み」です。手術ではもちろん麻酔を使いますが、手術の種類や個人差により、術後の痛みは少なからずあります。
痛みと同じように留意したいのが「腫れ」です。これは『ダウンタイム』といわれるもので、美容整形の施術をしてから回復するまでの期間のことをいいます。美容整形では、麻酔や手術による腫れ、むくみ、あざなどができやすく、手術前の生活を取り戻せるようになるまである程度の時間がかかります。
そのことを踏まえた上で、手術する時期を決めるのがいいでしょう。
時期といえば、豊胸手術は妊娠や授乳に影響がないと宣伝されていますが、手術の種類によっては影響がある場合があります。母乳の分泌が悪くなるなどの報告がされていますので、妊娠・出産をされる前に手術を希望する場合は、授乳への影響などについてじっくりとカウンセリングで確認することをお勧めします。

 

バストアップ×豊胸手術記事一覧

費用

もっとも気になるのが費用。手術方法やその人のバストの状態、どのくらい大きくするのかによって変わってきます。また、クリニックによっても大きく違ってきます。まずは、手術方法による費用をみていきましょう。豊胸手術には大きく分けてプロテーゼ挿入法(バッグ挿入法)と脂肪幹細胞注入法があります。プロテーゼ挿入法...

≫続きを読む

 

危険性

豊胸手術のリスクについて知っておきましょう。豊胸手術でバストアップして理想の胸になることができた!と喜ぶのも束の間、効果は永遠ではありません。まずプロテーゼ挿入法(バッグ挿入法)では、約10年間という長期間の間バストアップの効果が持続しますが、それは豊胸バッグの寿命が約10年間ということでもあります...

≫続きを読む

 

プチ豊胸

最近注目されているのが、ヒアルロン酸注入法や光豊胸といったプチ豊胸です。豊胸手術と決定的に違う点は、メスを一切使わないということ。そのため入院をする必要がなく、比較的気軽に行うことができます。バストアップをしたいけれど豊胸手術に抵抗のある方、左右の胸の差をなくしたい方、短期間の間だけバストアップした...

≫続きを読む

 

プロテーゼ法

プロテーゼ法(バッグ挿入法)とは、インプラントやプロテーゼなどで人工的に作られた豊胸バッグ(人工乳腺)をバストに挿入する方法です。確実性が高く、一度の手術で3〜4カップと大幅なバストアップが可能です。また、出産や授乳、加齢などによって張りや下垂したバストを持ち上げる場合にも適しています。豊胸バッグに...

≫続きを読む

 

脂肪注入法

脂肪注入法とは、自分の身体の希望する部位から脂肪を吸引してバストに注入し、バストアップをする方法です。ご自身の脂肪細胞を注入するので、アレルギーや発ガンの心配、異物による後遺症がありません。バストアップだけではなく、加齢、授乳などによる下垂、左右の大きさの違い、プロテーゼ法(バッグ挿入法)からの変換...

≫続きを読む