バストアップ サイズ

バストアップ×サイズ

バストのサイズアップに欠かせないものに、女性ホルモンがあります。
女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、8〜9歳頃から分泌が始まります。これにより排卵や月経の準備が始まり、乳腺組織が発達して胸が膨らみます。バストの発達には多少の遺伝の影響はありますが、女性ホルモンの分泌が盛んになる20代前半に、食事のバランスが悪かったり、睡眠不足などで不規則な生活が続くと、胸が十分に発育できなくなってしまうのです。
このようにバストアップの対策として、1、早寝早起きの規則正しい生活を心掛け、夜更かしをしない。2、偏食や過度なダイエットはせず、バランスのよい食事をとる。3、自分に合った下着をつける。4、ストレスを溜めない。5、煙草を吸わない、があります。
特にストレスと煙草は、女性ホルモンの分泌そのものを妨げるので、注意が必要です。
また偏食や過度なダイエット、過食を繰り返すなどは、大脳視床下部の中枢が悪影響を受け、女性ホルモンの分泌を低下させます。その結果、バストのハリやボリュームがなくなってしまいます。
いかにバランスのとれた食事をとることが大切か、よくわかるかと思います。

 

バストアップ×サイズ記事一覧

筋トレ

バストアップに一番重要な筋肉は、大胸筋です。大胸筋は、バストを支える大切な土台で、重みのあるバストをしっかりと支える機能があります。この大胸筋が衰えてくると、バストが下がり、形が崩れ、ハリがなくなります。また、大胸筋と連動している腹筋(ウエスト)や上腕二頭筋(二の腕)も緩んできてしまうのです。そこで...

≫続きを読む

 

ツボ

バストアップに効果的な主なツボを、紹介しましょう。■だん中 女性ホルモンの分泌を活性化させる効果があるといわれているので、バストアップだけではなく、美肌効果も期待できます。場所は、左右の乳首をつなぐ線の真ん中の胸骨のところで、バストトップの高さにあります。乳首の位置は個人差があるため、多少上下した位...

≫続きを読む

 

ホルモン

バストアップに必要なホルモンに、エストロゲン、プロゲステロン、アンドロゲン、副腎皮質ホルモン、プロラクチン、成長ホルモン、インスリンがあります。エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれ、卵胞、黄体、胎盤から分泌されるホルモンです。皮下脂肪を増やし、「バストアップ促進ホルモン」と異名をとるほど威力を発揮し...

≫続きを読む

 

エクササイズ

バストアップだけではなく、より的を絞ったエクササイズを紹介しましょう。■下垂したバストを戻すエクササイズ @膝をつき、両腕を肩幅より少し広めに開き、床に手をつきます。A息を吐きながらゆっくりと肘を曲げ、床に顎がつくくらまで上半身を下げていきます。B息を吸いながら、ゆっくりと肘を伸ばしていき、上半身を...

≫続きを読む

 

グッズ

バストアップのグッズは多種多様な物が溢れていて、とても全てを把握しきれないほどです。サプリメントをはじめ、最近ではサプリメントと似た効果を期待したガムやキャンディーもあります。塗るタイプのものとしては、バストアップクリームやジェル、ローションがあります。これはバストアップに必要な成分を、直接バストか...

≫続きを読む

 

補正下着

バストアップのための下着には、ブラと補正下着があります。バストを補正するブラには、フルカップブラ、1/2カップブラ、3/4カップブラがあります。フルカップブラは、バストが大きい人向けで、バスト全体をカップが包み込みます。1/2カップブラは、フルカップブラの上半分がない形で、バストを下から持ち上げてボ...

≫続きを読む

 

睡眠

バストアップというと真っ先に浮かぶのが女性ホルモンですが、成長ホルモンも大きく影響してきます。成長ホルモンの分泌量が増えると、バストアップに効果が現れてくるのです。成長期に、乳腺にあるラクトゲン受容体と成長ホルモンが作用することで、バストは発達します。このラクトゲン受容体が出来る時期は人それぞれで、...

≫続きを読む