バストアップ 筋トレ

筋トレについて

バストアップに一番重要な筋肉は、大胸筋です。大胸筋は、バストを支える大切な土台で、重みのあるバストをしっかりと支える機能があります。この大胸筋が衰えてくると、バストが下がり、形が崩れ、ハリがなくなります。また、大胸筋と連動している腹筋(ウエスト)や上腕二頭筋(二の腕)も緩んできてしまうのです。
そこで、バストアップ効果があり、腹筋(ウエスト)や上腕二頭筋(二の腕)も引き締めてくれる大胸筋を鍛える筋トレを紹介します。
■お手軽筋トレ @胸の高さに、手の平を合わせお祈りをする形で、手の付け根を押し合うようにします。A大胸筋を意識しながら、合わせた手の平を、右胸から左胸へ、左胸から右胸へ、左右に動かします。これを、10秒×20セットやります。厚めの本を、手と手の間に挟むとより効果的です。
■腕立て伏せ 通常の腕立て伏せが出来ない方は、膝をついてやりましょう。回数の目安は20回程度ですが、最初は無理せず出来る回数から始めていきましょう。20回以上やると鍛え過ぎて胸を堅くしてしまい、バストアップにはならなくなりますので、注意しましょう。
■タオル運動 @タオルを横に伸ばし、両端を少し余らせて持ちます。A胸の前で腕をXの字のように、クロスします。Bタオルを思いっきり引っ張って、両腕を元の位置に戻し、力を入れた状態で10秒間キープします。C腕のクロスを前後逆にして、同じことをします。これを30回繰り返します。大胸筋を鍛え過ぎることなく、適度に行いましょう。