バストアップ ツボ

ツボについて

バストアップに効果的な主なツボを、紹介しましょう。
■だん中 女性ホルモンの分泌を活性化させる効果があるといわれているので、バストアップだけではなく、美肌効果も期待できます。場所は、左右の乳首をつなぐ線の真ん中の胸骨のところで、バストトップの高さにあります。乳首の位置は個人差があるため、多少上下した位置にあることもありますが、その辺りを押してみて痛いと感じる所がツボになります。ツボの位置に、両手の人差し指と中指を重ね合わせ、ゆっくりと5秒程押して離します。上半身を前屈みにしたままゆっくりと息を吐き、吐ききったところで上半身を起こします。これを数回繰り返します。
■天溪(てんけい) 乳腺を刺激し発育を助け、バストにハリがでて、形を整えます。バストアップに直接的に働くツボです。場所は、乳首と同じ高さで左右両方にあり、バストと胸部の境目の乳房の輪郭の脇にあります。親指で両方を同時に刺激して、左右のバストを持ち上げるようにしながら内側に向かって、息を吐きながらゆっくりと押します。
■渕腋(えんえき) 肌にツヤがでて、正しい姿勢をキープしやすくなります。血行が促進されるので、栄養源をバストまでスムーズに運んでくれます。場所は、乳首からおおよそ10cmぐらい外側の両脇にあります。両方を親指で同時にゆっくりと押します。
■中府(ちゅうふ) バストアップだけではなく、呼吸機能を高める効果もあります。場所は、鎖骨から腕の付け根にあります。8の字を描くように刺激すると、大胸筋のリンパの流れを良くします。これらのツボ押しは、入浴後など身体が温まった時に行うとより効果的です。